死ぬこと。いきること。

b0135360_1012216.jpg今日が晴れで
よかった。

誰かの死に
直面したとき
いつも
考えること。

それは
死ぬこと。
いきること。




クリスマスの夜から、そんなことをぼんやりずっと考えている。
その夜、友達からもらったメールに書いてあったのは
「フジファブリックの志村くんが急逝したって…」

頭の中が「?」ハテナでいっぱいになった。
オフィシャルHPの訃報の文字がウソみたいに見えた。

今年は音楽に関わる人の訃報が多すぎて
「音楽の神様が雲の上で音楽フェスでもやるんじゃないか!?」
なんて思ってた。
最後の最後で、なんで志村くん…

今回のが一番キツい…と思った。
同じ世代に生きて、彼の作った音楽を普通に聞いて
ライブも見て、いつも読んでいる音楽雑誌にインタビューが載っていれば
読んだりして、ふふふっ、なんて思っていた。

死んでしまった彼といきている私。
なにが違うのだろうか。
時間。
彼の時間は止まってしまったのだ。
そして、私の時間はなにをしたって進んでいる。
彼が死んでしまった意味なんて正直わからない。
信仰心なんてないけど、神様に愛され過ぎて
人より早く呼ばれてしまった、そんな風に思うしかない。
そして私はいきてる。
いきてる人間は、目の前にある「生」をまっとうするしかできない。
それしかない。
と今は強く思う。

今日が晴れでほんとうによかった。

フジファブリック「バウムクーヘン」
[PR]
by hijiribashi | 2009-12-27 10:38 | 日々のあわ